蜂の子はどんな方法で採取される?自然の蜂の巣と養蜂所では採取方法が異なる。

蜂の幼虫である蜂の子は、古来より貴重なタンパク源として食べられてきた健康食品です。蜂の子を採取するためには、蜂の巣を丸ごと採取する必要があります。蜂の子の採取方法として、日本国内では昔から行われていた自然の中で蜂の子を採取する方法と、養蜂場で採取する方法の2通りがあります。ここでは蜂の子の採取方法についてご紹介します。

自然のハチの巣から蜂の子を採取する方法

日本国内では、長野県や静岡県、岐阜県などの地方で昔から蜂の子が食べられてきました。
その地域で伝えられてきた原始的な方法です。
自然のハチの巣から蜂の子を採取するためには、まず蜂の子がいる巣を見つける必要があります。蜂の巣を見つける方法として、『すがる追い』や『蜂追い』といった方法があります。
すがる追いは自然に存在する蜂の子を採取する最もポピュラーな方法です。すがる追いの方法は、真綿に包んだ蜂のエサを木にしかけておき、真綿を抱えた働き蜂を追って巣を見つけます。巣を発見したら蜂取り用の煙幕を炊き、蜂が仮死状態になったところで巣を取り出し、蜂の子をピンセットなどでひとつずつ取り出します。
また蜂追いとは、オオスズメバチの巣の場所を探す伝統的な方法です。蜂追いの方法は、まず飛来したオオスズメバチを捕獲して身体にリボンをくくりつけた後に解放します。そしてリボンを目印に蜂を追いかけ、オオスズメバチの巣を探しだします。最後に薬や煙幕を一切使わずに、蜂の巣を取り出す伝統的な技法です。蜂の巣を取り出した後は、ピンセットを使って蜂の子が採取されます。
※『すがる追い』も『蜂追い』も素人が真似するのは非常に危険です。

養蜂場のハチの巣から蜂の子を採取する方法

主に蜂の子製品を扱うメーカーや養蜂場が行う方法です。
養蜂場では蜂の巣を探す必要がなく、巣箱から蜂の巣を取り出して蜂の子を取り出しています。蜂の子は巣から取り出すと空気に触れて変質してしまい、さらに時間がたつと自らの酵素で分解されてしまう非常にデリケートなものです。そのため養蜂場では蜂の子が生きたまま巣板を専用のクリーンルームに運び、消毒された室内で蜂の子を慎重に取り出しています。また採取した蜂の子は、細菌の繁殖を防ぐためにすぐにフリーズドライ加工して冷凍保存されています。企業によっては、巣板を使い回しせずに毎回新しい巣板を使っています。これは細菌の繁殖を防ぎ常に清潔な環境で蜂の子を育てるためです。また蜂の子や巣を傷つけないために、ハチミツやローヤルゼリーを採取しない企業もあります。蜂の子を生産している養蜂場がどのように蜂の子を採取しているのか、確認してから購入するのがおすすめです。

まとめ

健康食品のひとつである蜂の子の採取方法は、自然の蜂の巣から採取する方法と養蜂場の蜂の巣から採取する方法の2種類があります。自然の蜂の巣から採取する方法は、すがる追いや蜂追いといった方法があります。蜂の子は非常にデリケートなので、養蜂所では専用のクリーンルームで採取され直ぐに冷凍保存されます。蜂の子を生産している養蜂場がどのように蜂の子を採取しているのか、確認してから購入するのがおすすめです。