蜂の子はどこで採れる?日本だけではなく中国やタイで採取されている。

蜂の子は日本の伝統的な昆虫食文化で、長野県や岐阜県などで郷土料理に使われてきました。現代において蜂の子は健康食品としても利用されていますが、日本国内の採取量が減少していることから、海外で採れた蜂の子を輸入しています。ここでは、蜂の子は国内や海外のどこで採れるのかご紹介します。

日本

蜂の子は日本国内において、長野県、岐阜県、宮崎県、静岡県、愛知県、栃木県、山梨県、岡山県の山岳部で採取されています。特に長野県では根強い人気があり、スーパーでは蜂の子が販売され、飲食店で蜂の子を使ったメニューがある店舗があります。また岐阜県ではスズメバチの重さを競うお祭りが毎年11月に開催され、全国各地からスズメバチの巣が持ち寄られます。蜂の子は馴染みがない人も多いかもしれませんが、昔から蜂の子を食べてきた地域にとっては親しみのある食材です。

中国

日本が主に輸入している蜂の子は、中国産のものです。日本国内にも蜂の子を販売している養蜂所はありますが、蜂の子のサプリメントを作っている企業の多くは中国の養蜂所で採られた蜂の子を使っています。日本では主にスズメバチの幼虫が食べられていますが、中国では主にミツバチの幼虫が食べられています。ミツバチの幼虫はスズメバチの幼虫に劣らず、栄養価の高い食材です。サプリメントを製造するために輸入する蜂の子のほとんどは、ミツバチの幼虫です。

タイ

タイは昆虫食が一般的な国で、街中の食堂や屋台などで気軽に昆虫料理を食べることができます。家庭料理で昆虫料理が作られることも多く、屋台で食材を購入したり、自分で蜂の巣や昆虫を採取したりして調理されます。タイでは昔からコミツバチという野生のミツバチの巣を採取し、食料として利用してきました。タイでは昆虫食が確立しているため、プロの昆虫ハンターという職業もあります。タイの一般的な食卓には、蜂の子を使ったさつま揚げなどが並べられます。

まとめ

日本の伝統的な昆虫食のひとつである蜂の子は、日本を含めた世界各地で採られている食材です。日本国内では長野県や岐阜県などで蜂の子が採られ、郷土料理として地域で親しまれています。サプリメントの材料として輸入される蜂の子のほとんどは中国産です。またタイでは昆虫食が確立しており、蜂の子の使ったさつま揚げなどが一般の食卓に並んでいます。蜂の子は貴重なタンパク源として、多くの人に親しまれている食材です。