うつ病に蜂の子が効く?トリプトファンとカルシウムが豊富な食品。

ストレス社会と言われている現代は、うつ病に悩む人が増えているのが社会問題となっています。健康的な生活を送るためには、身体だけではなく心のケアを行うのが重要です。健康食品のひとつである蜂の子には、うつ病の改善に役立つ栄養素が豊富に含まれています。ここではうつ病の原因と、蜂の子に含まれるうつ病に効く栄養素についてご紹介します。

うつ病の原因

うつ病とは、眠れない、食欲がない、一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめないといった症状が続き、脳の機能障害が起きている状態のことを指します。うつ病がなぜ起こるか、はっきりした原因は未だ明らかになっていません。脳内の神経伝達物質の働きが悪くなるのと同時に、ストレス、身体の病気、環境の変化など様々な要因が重なることでうつ病が発病すると考えられています。重要なことは、うつ病は1つだけの原因のみで発病することはないということです。また同じストレスを受けても、うつ病になりやすい人とそうでない人に分かれます。うつ病になりやすいタイプとして、まじめで責任感が強く、周囲からの評価が高い人が多いと言われています。またうつ病は男性よりも女性、若年者より高齢者に起こりやすいと言われています。

蜂の子に含まれるうつ病に効く栄養素

蜂の子に含まれている栄養素の中で、トリプトファン、カルシウムはうつ病の改善が期待できる栄養素です。トリプトファンとカルシウムの働きは以下の通りです。

トリプトファン

蜂の子に含まれているトリプトファンは、セロトニンやメラトニンといった神経伝達物質の材料になる栄養素です。セロトニンは別名『幸せホルモン』と呼ばれており、精神を安定させて心を落ち着かせる効果があります。メラトニンは睡眠ホルモンの一種で、副交感神経を優位にすることで眠りの質を向上させる効果があります。副交感神経は自律神経の中でも、休息の神経、リラックスの神経と言われています。副交感神経を優位にすることで、身体をリラックスさせ心身の疲労から回復することができます。蜂の子からこれらのホルモンの材料となるトリプトファンを摂取することで、うつ病の改善を期待することができます。

カルシウム

蜂の子に含まれているカルシウムは、骨や歯を構成するために必要な栄養素です。カルシウムはそれ以外に神経内でも存在し、神経伝達に大きく関わっています。カルシウムが不足すると神経伝達がスムーズにできなくなり、うつ病など精神が不安定な状態になりやすくなります。蜂の子からカルシウムを摂取することで、神経伝達をスムーズにしてうつ病の改善効果が期待できます。

まとめ

ストレス社会と呼ばれている現代において、多くの人がうつ病に悩んでいるのが社会問題になっています。うつ病がなぜ起きるのか、はっきりした原因は明らかになっていません。健康食品に含まれている蜂の子には、うつ病を改善する効果が期待できるトリプトファンとカルシウムが豊富に含まれています。うつ病を改善する方法のひとつとして、蜂の子を活用してみてはいかがでしょうか。