蜂の子はストレス対策に効く食品。どんな栄養素が役に立つ?

ストレス社会と呼ばれる現代において、健康的な生活を送るためにストレス対策を行うことは重要です。ストレス対策を行う方法のひとつに、蜂の子を活用する方法が挙げられます。蜂の子はストレス緩和効果がある食品で、ストレス対策に役立つ栄養素が豊富に含まれています。ここでは蜂の子に含まれる、ストレス対策に役立つ栄養素についてご紹介します。

蜂の子はストレスを和らげる

蜂の子はストレス緩和効果が期待できる食品であることが、様々な研究から明らかになっています。岐阜大学が行った調査によると、蜂の子を一定期間摂取した人はストレス物質であるコルチゾールの血中濃度が下がったことが報告されています。コルチゾールは副腎皮質から分泌されるホルモンで、ストレスを長時間受け続けることによって分泌量が増えます。そのためコルチゾールは、多くの研究でストレス評価の指標として使われています。蜂の子を食べることでコルチゾールが減少することから、ストレス緩和効果が期待できることが分かります。
また蜂の子を食べることによって耳鳴りにともなう苦痛や不安が和らぐことが分かっています。また耳鳴りに悩んでいる人はコルチゾールの値が高いことから、蜂の子を食べることでコルチゾールの値が減少し、耳鳴りが改善すると考えられています。また蜂の子を食べることで、聴力を回復させることができる可能性が示唆されています。以上のことから、蜂の子はストレスによる難聴や耳鳴りで悩む人の生活改善に役立つことが期待されています。

蜂の子に含まれるストレス対策に役立つ栄養素

蜂の子に含まれている、ストレス対策に役立つ栄養素は以下の2つです。

カルシウム

蜂の子に豊富に含まれているカルシウムは、骨や歯の構成要素になる栄養素です。カルシウムはそれ以外に、神経内に存在して脳神経の興奮を抑える働きをします。カルシウムが不足すると心身のバランスが乱れて、些細なことでイライラしてしまう原因となります。蜂の子からカルシウムを摂取することで、脳神経の興奮を抑えストレス対策に役立ちます。

チロシン

蜂の子に豊富に含まれているチロシンはアミノ酸の一種で、ストレス解消ややる気を起こさせるのに役立つ成分です。チロシンは精神疲労の回復に欠かせない成分で、脳の活動を正常に保ち、やる気を起こさせるドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンの生成にも関与しています。ドーパミンやノルアドレナリンが脳内で不足すると無気力や無関心を引き起こし、うつ病の原因となります。蜂の子からチロシンを摂取することで、ストレス解消効果が期待できます。

まとめ

ストレス社会と呼ばれる現代において、健康的な生活を送るためにストレス対策を行うことは重要です。健康食品のひとつである蜂の子は、ストレス物質であるコルチゾールの血中濃度を低下させ、ストレスが原因で起きる耳鳴りや難聴を改善させる効果があることが分かっています。蜂の子にはストレス対策に役立つカルシウムやチロシンが豊富に含まれています。ストレスを和らげるために、蜂の子を活用してみてはいかがでしょうか。