蜂の子は快眠生活を手に入れたい人におすすめ。不眠改善が期待できる。

健康的な生活を送るために、質の高い睡眠をとることが大切なのは誰しも知っていることです。しかしストレス社会と言われている現代において、睡眠の悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。健康食品のひとつである蜂の子には、睡眠に役立つ栄養素が豊富に含まれています。ここでは不眠の原因と、蜂の子に含まれる不眠に効く栄養素についてご紹介します。

不眠の原因

2012年に厚生労働省が行った調査によると、日本人の5人に1人が睡眠の悩みを抱え、20人に1人が不眠のため睡眠薬を服用していることも明らかになっています。ストレス社会における現代において、不眠になることは決して珍しいことではありません。不眠の原因は、主に以下の5つがあります。

ストレス

不眠の原因の一つ目は、ストレスです。過剰なストレスは身体を緊張させてしまい、安眠を妨げてしまいます。ストレスによる不眠を改善するためには、ストレスを少なくすることが最も効果的です。

病気

不眠の原因の二つ目は、病気です。例えば高血圧や心臓病を患っている人は、胸の苦しさが不眠の原因になることがあります。その他に、うつ病などの精神疾患を患っている人も、抑うつ気分や不安感の強さが不眠の原因になります。

薬や刺激物

不眠の原因の三つ目は、薬や刺激物です。不眠の原因となる薬として、降圧剤、甲状腺製剤、抗がん剤などが挙げられます。またカフェインが入っているコーヒーや紅茶、ニコチンが入っているタバコは刺激物のため不眠の原因となります。

生活リズムの乱れ

不眠の原因の四つ目は、生活リズムの乱れです。昼夜の交代勤務や時差などの影響で体内リズムが崩れると、睡眠リズムが崩れ不眠の原因となります。

環境

不眠の原因の五つ目は、環境です。騒音や光が睡眠に適した環境でない場合、リラックスすることができないため不眠の原因になります。

蜂の子に含まれる不眠に効く栄養素

健康食品のひとつである蜂の子とは、ミツバチや黒スズメバチの幼虫です。蜂の子はタンパク源だけではなく薬として、古代から世界各国で食べられてきました。蜂の子には、不眠の改善が期待できる栄養素が豊富に含まれています

トリプトファン

蜂の子に含まれているトリプトファンは必須アミノ酸の一種で、セロトニンというホルモンの材料になります。セロトニンは別名『幸せホルモン』と呼ばれており、精神の安定や睡眠に深く関わっている神経伝達物質です。セロトニンが不足すると気持ちがネガティブになり、うつ症状が出ると考えられています。またセロトニンは脳内でメラトニンというホルモンに変換されます。メラトニンは自然な睡眠に導く、睡眠リズムを整えるなど、規則正しい睡眠を得るのに役立つホルモンです。トリプトファンはセロトニンを作るために必要な栄養素ですが、自分自身で生成することができません。蜂の子からトリプトファンを摂取することでセロトニンが生成されやすい身体にし、不眠を改善する効果が期待できます。

カルシウム

蜂の子に含まれているカルシウムは、骨や歯の構成要素となる役割に加えて、身体の生理機能を調整して心を安定させる働きがあります。カルシウムは神経を安定させる働きがあるため、蜂の子からカルシウムを摂取することで心を安定させ不眠を改善する効果が期待できます。

まとめ

ストレス社会と呼ばれる現代において、日本人の20人に1人が不眠のために睡眠薬を服用しています。不眠の原因はストレス、病気、薬や刺激物、生活リズムの乱れ、環境の5つが挙げられます。健康食品のひとつである蜂の子には不眠を改善する効果が期待できるトリプトファン、カルシウムが豊富に含まれています。快適な睡眠を得るために、蜂の子を利用してみてはいかがでしょうか。