蜂の子の味や食感はどんな感じ?苦手な人はサプリメントがおすすめ。

健康食品のひとつである蜂の子は、昆虫食として長野県や岐阜県などの地域で古くから親しまれてきた食材です。昆虫を食べることに抵抗を感じる人が多いかもしれませんが、蜂の子は日本だけではなく世界各地で食べられています。蜂の子はタンパク源や薬として食べられていますが、どんな味がするのでしょうか。ここでは蜂の子の味についてご紹介します。

蜂の子はどんな味?

蜂の幼虫である蜂の子の味は、主に以下2つの特徴があると言われています。

クセがなくて淡泊な味

蜂の子の種類や調理方法によって多少違いますが、蜂の子はクセがなく淡泊な味です。見た目に反してさっぱりとした味で、蜂の子を炒ったものは鶏卵の卵焼きを連想させる味です。そのため蜂の子の味を嫌う人は少ないと言われています。蜂の子の調理方法は甘露煮、佃煮、塩または醤油で炒める、蒸し焼き、炊き込みごはん、素揚げ、生食などがあります。様々な調理法があるので、好きな味付けを見つけてみるのがおすすめです。

独特の食感がある

蜂の子の味は淡泊でクセがありませんが、幼虫のため独特の食感があります。さなぎに近いものはシャリシャリ、ジャリっとした食感があるので苦手だと感じる人がいるかもしれません。逆にその食感が好きな人もいるので、まずは試しに食べてみるのがおすすめです。

蜂の子の味や食感が苦手な人は、サプリメントがおすすめ。

蜂の子の味は淡泊でクセがない一方で、独特の食感がある食材です。健康のために蜂の子を食べたいけど、味や食感が苦手でどうしても食べられない人がいるかもしれません。そんな人には、蜂の子のサプリメントがおすすめです。蜂の子のサプリメントを利用すれば、蜂の子の健康効果を手軽に期待することができます。

まとめ

健康食品のひとつである蜂の子は、日本だけではなく世界各地で昔から食べられてきた食材です。蜂の子の味は淡泊でクセがなく、見た目に反してさっぱりしています。また蜂の子の食感は独特で、シャリシャリ、ジャリっとします。蜂の子を食べたいけど味や食感が苦手な人は、蜂の子のサプリメントを活用するのがおすすめです。

参考:蜂の子が気持ち悪い人にはサプリが便利
http://kubotaatsushi.skr.jp/supplement.html