蜂の子の歴史とは。伝統食や薬として古い歴史がある健康食品。

蜂の子は栄養価の高い食材で、耳鳴りや耳の聞こえの改善効果などが期待できる食品です。現代は昆虫を食べる事に対して抵抗を持っている人が多く、蜂の子になじみを感じない人はいるかもしれません。しかし蜂の子は150万年以上前から食用として利用されていた歴史があり、世界中で食べられてきた食材です。ここでは蜂の子の歴史についてご紹介します。

伝統食としての蜂の子の歴史

蜂の子は古来より貴重なタンパク源として、ルーマニア、タイ、メキシコ、エクアドルなど多くの国で食用として利用されてきました。昆虫を食べることに抵抗を感じる日本人は多いかもしれませんが、世界的に見れば珍しいことではないのです。
また蜂の子の最も古い歴史として、約150万年前に東アフリカで食べられていたという記録が残っています。
日本国内では1919年に昆虫食に関する大規模な調査が行われ、主にスズメバチの幼虫が全国において食用として利用されていることが明らかになっています。また、太平洋戦争の間、蜂の子は北海道から九州に至るまで、貴重なタンパク源として最も頻繁に利用されていたと報告されています。現代においても蜂の子は、長野県、岐阜県、愛知県などにおいて郷土料理に使われ続けています。

薬としての蜂の子の歴史

蜂の子はタンパク源だけではなく、薬としても利用されてきた歴史があります。例えば中国では2000年以上昔から蜂の子の効果が認められていました。中国最古の薬物学書と言われる『神農本草経』という本には、蜂の子は「頭痛を治す」、「衰弱している人や内臓に障害がある人の元気を補う」、「長期間服用することで顔色がよくなる」などの効果があると記録されています。また『本草網目』という本にも、蜂の子には腹痛、黄疸、皮膚の感染症、風疹、便秘、梅毒、婦人科疾患などに効果があるという記録が残っています。中国だけではなく、ルーマニアにおいて蜂の子は健康食品のひとつとされてきました。ルーマニアでは蜂の子がアピセラピー(ミツバチ産品を用いた治療)に使われています。現代の日本において、蜂の子は耳鳴りや難聴に悩まされている人に処方される漢方薬として利用されています。

まとめ

健康食品のひとつである蜂の子と人間の歴史は長く、最も古い歴史では約150万年前に東アフリカで食べられていた記録があります。蜂の子は貴重なタンパク源として、また薬として世界中の国で利用されてきました。現代においても蜂の子は健康食品や漢方薬として、多くの人に親しまれています。今後も蜂の子は、多くの人々の健康や美容に役立てられていくかもしれません。